育毛について悩む男性 カツラは嫌だと悩む男性

20代後半から気になり始めた頭。親もわりとフサフサで遺伝ではないようだし…このままだと同窓会で友だちに会うのも怖い。カツラは嫌だ、じゃあ育毛ってどうなんだ?今、悩んでいる方へ、私と一緒にチャレンジしませんか?

2016年09月の記事一覧

ヘアケアとホルモンに気をつけて育毛

前頭部から毛髪が薄くなり始める方というのは多いのですが、顔に近く目立ちやすいのでコンプレックスになりやすいです。
頭頂部の場合は、育毛の効果が得られるまでの間ヘアスタイルなどによってカモフラージュすることが可能ですが、前頭部の場合はおでこが広くなるのでヘアスタイルで対処することは困難です。
主な要因として挙げられるのは、男性型脱毛症です。
男性ホルモンが酵素の一種と結びつくことにより、新しい成分が生み出されます。
新たに生み出された成分は育毛を阻害させる影響力を有しているため、髪が抜け落ちたりしてしまうのです。
本来最も長いヘアサイクルにおける成長期を極端に短くさせてしまうため、最終的に産毛にしかならないのです。
実は、男性型脱毛症というのは遺伝が大きく関係しているため、家系に頭髪が薄い方が居ない場合は症状に悩まされにくいという特性があります。
そのため、将来髪の薄さに悩まされるという事はある程度予測できるのです。
しかも、母方の家系が深く関係しているため調査してみると早い時期から対処することが可能です。
また、男性型脱毛症に比べると確率は低いものの日々のヘアケアにより生じることもあります。
ヘアケアの際に引っ張って刺激を与えることにより毛根にダメージを与えてしまい抜けやすくなってしまうという事例です。
特に、オールバックやリーゼントは毛髪を後方に引っ張り固定するというヘアケアなので、洗い流すまで常時負担がかかり続けている事になるのです。
徐々に蓄積されたダメージにより、少々の力でも抜けてしまい育毛では追いつかないほどの抜け毛が生じることもあります。
目の疲れも血行不良によって抜け落ちる理由になるので注意してください。

続きを読む