育毛について悩む男性 カツラは嫌だと悩む男性

20代後半から気になり始めた頭。親もわりとフサフサで遺伝ではないようだし…このままだと同窓会で友だちに会うのも怖い。カツラは嫌だ、じゃあ育毛ってどうなんだ?今、悩んでいる方へ、私と一緒にチャレンジしませんか?

2016年11月の記事一覧

トップの毛が減ったら睡眠時間を提供し育毛に励む

身支度を行っている時にトップの毛量が減ってきているように感じたら、早いうちから育毛を行うようにしてください。
ただし、対策方法を理解している者にとっては簡単な育毛の方法であっても、知識に乏しい方においては行うべき事がわからないというケースが多いものです。
手探りで方法を探していると時間ばかりが経過し、その間にますます薄毛が進行してしまいます。
そこで、まずは睡眠時間を見直すなど人間生活に関わる根底的な面から見直していくと効率的です。
現代人に多い睡眠時間として挙げられるのが、休日に長時間睡眠し平日は短時間しか睡眠しないというものです。
多忙な現代人ならではの生活習慣と言えるのですが、休日に長時間眠っていたとしてもとてもストレスを蓄積させてしまいやすい眠り方と言えます。
最も好ましいのは、日々同じ時間眠りにつくという事です。
一般的にはおよそ7時間がストレスを解消させるためには最善であるとされています。
5時間以下や8時間以上というのは、健康になるどころか身体に対して毒を提供しているのと同等の悪影響があると言われるほどなので、同時刻に眠りにつき起床する事を心がけてください。
こうした点からわかるように、薄毛に陥っている原因が睡眠時間によるストレスの場合は比較的簡単に対処する事ができるのです。
しかし、お仕事や人間関係が要因の場合は著しく解消は難しくなってしまいます。
そこで、血行を促進させるという事に注力してあげると良いのです。
通常はストレス要因を解消する事により結果的に血行が良好になるという仕組みなのですが、ストレス要因を解消させることを後回しにして先に血行を良好にさせてあげるのです。
そのため、マッサージを講じて頭皮に血液を提供するようにしてください。

続きを読む